金魚 KINGYO きんぎょ キンギョ 熱帯魚 観賞魚 海水魚 養殖 らんちゅう 産卵 ランチュウ らんちう ランチウ オランダ おらんだ 水産 琉金 土佐錦 地金 飼育 ジャンボ獅子頭 なんきん ナンキン 江戸錦 大阪らんちゅう ブリストル朱文金 

 
アジアアロワナの輸入
"AF AROWANA" エーエフ アロワナ
商品を探す
会員サイト トップ
水産飼料
観賞魚用飼料
自動給餌機
冷凍飼料
活餌・耐久卵
ブラインシュリンプ
ブライン孵化器
サプリメント
水質測定
塩素(消毒)
水質調整
バクテリア
脱塩素
エアーポンプ
エアーストーン
分岐・ホース等
マグヨーゾン
オキシデータ
水槽トップページ
防魚ネット・仕切り
水槽台
ろ過槽
ろ材
循環ポンプ
配管資材
ヒーター、サーモスタット
クーラー(冷却機)
水温計
産卵用品
アミ
ホーロー製品
FRP洗面器
品評会用品
ビニール袋
酸素ボンベ
書籍
ステンレスカゴ
殺菌灯
その他
書籍 予約注文
見切品・訳あり品
決済方法
取引規約

メールアドレス
パスワード
CEITESナンバー「A-TH-528」
CITES取得: 2015年8月

タイでアロワナの養殖場は3社ほどありますが、エーエフ・アロワナはぶっちぎりの生産面積・生産量を誇ります。
親会社、オーナーの本業はタイを代表する超巨大企業。

そのエーエフ アロワナより直輸入、直売を行っています。

お届けするアジアアロワナは1尾1尾、マイクロチップナンバーを専用の読み取り機で読み取り、証明書と一致させてお届けいたします。


小売直売にて高品質・低価格を実現するため、
アジアアロワナのみ「卸売」を行っておりません。

タイでアロワナの養殖場は3社ほどありますが、エーエフ・アロワナはぶっちぎりの生産面積・生産量を誇ります。
名前は伏せますが、親会社、オーナーの本業はタイを代表する超巨大企業。

タイ・バンコクから車で2時間の所に繁殖池を構えています。

オーナーのオーさん



バティックの若親。新規導入の品種。2019年から供給が開始されています。
エーエフ・アロワナ 「アルダブラ ゾウガメ」の繁殖
アジアアロワナだけでなく、アルダブラ ゾウガメの繁殖に取り組んでいます。
2020年頃には成熟する年齢となり、繁殖が見込まれています。

全体で55頭を飼育。歳をずらして計画的に導入されていました。

屋根のある建屋。カメ自身で自由に出入りしています。

広い

池や丘がある、広大なカメの敷地。当然、放し飼い。


会長も生き物が大好き。


喉を撫でると気持ちよさそうに立ち上がります。
エーエフ・アロワナ 「餌用コックローチ/ミミズ」の繁殖場
アジアアロワナの飼料として、餌用コックローチとミミズを自家繁殖させています。
稚魚にはミミズ、若魚〜親魚まではコックローチを中心に与えています。

すべてのアロワナの飼料をまかなうための、膨大な数の繁殖容器。魚の繁殖は飼料を極めるのが基本。

左がコックローチ、右の棚がミミズ。

二階もコックローチの繁殖場。

容器が左右にスライドするように工夫されていた。

餌用コックローチ。混じって普通のゴキブリも・・・。

ミミズの繁殖棚。
エーエフ・アロワナ 稚魚の温室
採れた稚魚を育てる温室。ある程度の大きさまで、この温室で育てます。

ハンディキャップの個体も大事に育てられていた。

双頭の稚魚

過背金龍の上級グレード

エーエフ・ゴールデン(高背)

広大な敷地にアジアアロワナ、ゾウガメ、ピラルクーの繁殖池があります。
エーエフ・アロワナ バンコク市内のショールーム
繁殖池である程度の大きさまで育てられたら、バンコク市内・東部のショールームに移されます。
3階建てで、1000本ほどのガラス水槽やFRP水槽があり壮観です。

エーエフ・ゴールデンの親魚。タイ国内のコンテストでチャンピオンを獲得した実績がある個体
ショールームの入口。

ショールームの真ん中には巨大なタタキ池。

池で泳ぐアロワナ達


エーエフアロワナでは、まだ多くはありませんが、レッドアロワナの繁殖にも取り組んでいます。

過背金龍

バティック

過背金龍

背筋がピンとした過背金。尻尾が大きく、将来が楽しみな個体。

インドネシアゴールデン。インドネシア産の純血を守って繁殖させています。金質、体型を見れば違いがわかります。


ブルーベースの過背金

特殊個体も少ないながら採れています。

ブルーベース

エーエフアロワナが生産する個体毎に生産証明書が付きます。左2枚がゴールデン用、右がレッド用。

パーカーホの骨格標本

ここで飼育されていたピラルクの剥製。

エーエフ アロワナ マイクロチップの挿入
ショールーム内にマイクロチップを挿入するための施設を完備。

オールステンレスで清潔です。

スタッフがマイクロチップ ナンバーを確認。

左の窓から選別したアロワナを搬入。

二層に仕切られた黒水槽で麻酔を効かせます。

柔らかい樹脂の上で、オーナーがマイクロチップを挿入。

小型水槽で写真撮影。

真水をばっ気し、麻酔から醒ませる槽

Copyright (C) 2000 三卯養魚場